【注意】顔のシミは5種類ある!予防・ケア・治療方法も違います!

ご覧いただきありがとうございます。

ビューティーアドバイザーの愛子です^^




顔に散らばるシミ・・・。

同じように見えても、

実は5種類もあるんです!




今回は、それぞれのシミの特徴と、

予防・ケア方法をお伝えしていきます^^




老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)




シミの中でも一番多いのがこのタイプ。

今まで蓄積されてきた紫外線のダメージ

が、お肌の表面に現れ始めたもので、

30~40代になると、急に増え始めます。




最近浴びた紫外線によるものではなく、

これまでの積み重ねた結果なので、

若いころから紫外線対策をしていた人は

ここで大きく差を付けられますね^^




予防方法




老人性色素斑に関しては、

毎日コツコツ紫外線対策をすること!

予防はこれにつきます。




でも、日常生活を送るうえで、

100%紫外線をカットするのは

至難の業(^^;




なので、浴びてしまった紫外線は

その日のうちにケアすることが大切です。




有効なお化粧品とケア方法




初期のシミには

美白化粧品が効果的ですが、

すでに定着してしまったシミには

美白化粧品でも対抗できません。




表面化して何年も経過したシミや、

濃くなったシミ、隆起したシミには、

レーザー治療が有効です。




肝斑(かんぱん)




ホルモンバランスが乱れてくる

30~40代にあらわれやすく、

女性ホルモンの乱れが原因のシミです。




ぽつぽつとできるシミではなく、

ハケでサッと塗ったようなシミで、

左右対称にできることが多い。




予防方法とケア




肝斑は、女性ホルモンの乱れが原因なので

バランスの取れた食生活や、

質の良い睡眠、ストレス解消など、

ホルモンバランスを整えること

目的としたケアをおこないます。




紫外線が原因ではないとはいえ、

紫外線で悪化することもあるので、

UVケアは必須です。




有効なお化粧品とケア方法




美白化粧品も有効ですが、

ピーリングも併用することで、

さらなる効果が期待できます。




トラネキサム酸の内服薬

数ヶ月服用することも、

肝斑の代表的な治療方法です。




美容皮膚科などで

処方してもらうことが可能です。




また、レーザー治療は向いていないので、

その点も注意してくださいね。




炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)




ニキビや虫刺され、傷などの跡が

シミとなって残ったもの。




炎症後の色素沈着ですが、

日焼けをすることで、色素沈着が

さらに濃くなる可能性があります。




予防方法




とにかくお肌に刺激を与えないことが、

炎症を起こさせないことに繋がります。




強くこすったりしないこと。

スキンケアもやさしく丁寧に!




UV対策をしっかりすることで、

色素沈着を起こりにくくしますが、

傷や炎症がひどく、日焼け止めを

塗れないときは、テープを貼ったり、

衣類でカバーするなどしてください。




有効なお化粧品とケア方法




基本的には美白化粧品を使って

お手入れしていきますが、

ピーリング

ビタミンCイオン導入は、

即効性があるので、一度お肌をリセット

してみるのもいいかもしれませんね^^




脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)




加齢や紫外線が原因でできたシミ。




イボのように盛り上がっていて、

大きさも、数ミリのものから、

2~3センチのものまであります。




予防方法




徹底的な紫外線対策

一番の予防法となります。




また、加齢に対抗するには、

食生活や生活習慣を整えて、

体の中から若々しくいることが大切です。




有効なお化粧品とケア方法




レーザー治療

一番有効な治療方法です。




皮膚の構造自体が変化して

起こっているので、

美白化粧品は効果は得られません。




雀卵斑(じゃくらんはん)




一般的には「ソバカス」

という呼び名で浸透しています。




遺伝によるものだけを指し、

遺伝以外が要因のものは、

ソバカスではありません。




子供のころからあらわれ始め、

鼻を中心に散らばっていますが、

シミの形をよく見てみると、

三角や四角の形をしています。




予防方法




遺伝によるものなので、

ソバカスができないように

予防することはできませんが、

しっかりとUV対策をすることで、

濃くなるのを防ぐことはできます。




有効なお化粧品とケア方法




レーザー治療で消すことはできますが、

再発することもあります。




美白化粧品を使っても、

遺伝的要素が強いため、

あまり薄くなることはないようです。




でも、美白化粧品を使うことで、

それ以上濃くさせない、という

予防的な使い方はできると思います。




まとめ




シミの種類によって、

原因も対策もさまざまでしたが、

すべてに共通しているのは、

毎日の紫外線対策でしたね^^




有効なお手入れ方法は

シミの種類によって違います。




きちんとケアしているのに

全然効果があらわれない!

という人は、もしかすると、

シミの種類を見間違えているのかも。




そんな時は、確実に自分でできる

紫外線対策はしっかりしつつ、

一度美容皮膚科で診てもらうのも、

美肌の近道になるかもしれません^^




自分でできる紫外線対策としては、

飲む日焼け止めが手軽でオススメです♪




詳しいレビューもご覧ください^^

飲む日焼け止めサプリWHITE VEIL(ホワイトヴェール)の商品レビューはこちら




あわせて読まれている記事




【2017年】最新UV対策グッズ【5選】紫外線が怖い!

【危険】紫外線対策の日焼け止めがアンチエイジングの逆効果に?!

紫外線対策が食事でできる?!光老化に負けない食生活と生活習慣とは?

骨を強くするためには紫外線が必要?!肌老化対策はどうする?!




【お墨付き】愛子がおススメするアンチエイジング商品




2016-11-12_14h31_28




たくさんの商品を試してきた愛子が、

これはオススメできる!

と思ったものだけを一覧にしました。




★詳しいレビュー付き★

チェックしないと損しちゃうわよ~(笑)




2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27




無料メール相談受付中




私はこれまで、美容部員をしながらも、

様々なメーカーの

美容関連商品を購入してきました。




高いもの安いもの、

効果のあるものないものと

様々な商品を試してきた結果、

美容に関しての知識や

商品の知識には人一倍自信があります。




もし、あなたが美容のことで

お悩みを抱えていたり、

美容関連の商品で

迷っていらっしゃるのであれば、

遠慮なく愛子にご相談くださいね^^




こちらからお気軽にどうぞ♪

↓ ↓ ↓

無料メール相談受付中




お悩みを解消することで、

これまで諦めていた事に挑戦する気持ちを

手に入れることができますよ^^




アンチエイジングは、

女性にとって永遠のテーマです。

一緒に年齢に立ち向かいましょう!




スポンサーリンク







※記事内の内容、価格、キャンペーン等はすべて執筆時点のものになります。
現在の情報はリンク先の販売ページにてご確認ください。




サブコンテンツ

愛子のプロフィール

画像の名前

美容・ファッション・お得なことが大好きなアラフォー主婦
斉藤 愛子です^^
元美容部員の知識を生かし、大好きなコスメでアンチエイジングに励んでいます♪
⇒詳しいプロフィールはこちら

Twitter ツイッター

お問い合わせ

このページの先頭へ