【危険】紫外線対策の日焼け止めがアンチエイジングの逆効果に?!




シミやシワの原因となる紫外線。

アンチエイジングで美肌を目指す人は、

雨の日も曇りの日も、秋冬だって、

毎日日焼け止めを塗っています。




ただ、間違った日焼け止めを選ぶと、

お肌に負担を与えることになってしまい、

アンチエイジングのつもりが逆効果!

なんてこともあり得ます。




正しい日焼け止めの使い方を学んで、

しっかり美肌を守っていきましょう♪




昔の子供は紫外線に強かった?!




私たちが子供のころは、

日焼け止めクリームなんて塗らずに

外を遊びまわっていたものですが、

今では、園児や赤ちゃんでさえも、

日焼け止めを塗る時代ですからね。




それほど紫外線は怖くて、

悪影響であるということがわかります。




昔は平気だったのに、どうして今は

紫外線対策が推奨されているのか。




それは、

昔の子供が紫外線に強かったから

というわけではありません。




今と昔では、オゾン層の破壊が

すすんでしまっている関係で、

紫外線の量が違ってきているのです。




日焼け止めは最高値のものを使えば安心?!




怖い紫外線をとことん避けようとして、

「SPF50+/PA++++」

の日焼け止めを選んでいませんか?




SPFとPAの数値が上がれば上がるほど、

お肌への負担は大きくなっていきます。




SPF1=20分間皮膚が赤くならない

ということなので、

普段の日焼け止めとして考えると、

本当に「SPF50」も必要か?

ということをよく考えてみてください。




SPF50ということは

SPF1(20分)×50=1000分

ですよ?

1000分って16時間以上もあります。




通勤やウォーキングなど、

普段の生活には必要ないレベルですね。




ムダに数値が高い日焼け止めは、

お肌に負担がかかります。




そもそも、SPF15以上の紫外線遮断率は

ほとんど変わらないのです。




数値より、塗りなおすことが大事!




日焼け止めはバッチリ塗ったつもりでも、

ムラになっていたり、

汗や皮脂で落ちたりします。




そう考えると、

お肌に負担の少ない日焼け止めを

こまめに塗りなおした方が、

はるかに効果は高いといえます。




紫外線による肌老化を

防ぐための日焼け止めで、

お肌に負担をかけてしまっては、

元も子もありませんからね^^




普段の生活でしたら、

「SPF20/PA++」

でも十分です。




レジャーやスポーツを楽しむ時は

落ちにくくて数値が高いものを

選ぶのもアリですし、

実際に私もそうしています。




「使い分ける」という判断が、

お肌を守るために必要ですね♪




【お墨付き】愛子がおススメするアンチエイジング商品




2016-11-12_14h31_28




たくさんの商品を試してきた愛子が、

これはオススメできる!

と思ったものだけを一覧にしました。




★詳しいレビュー付き★

チェックしないと損しちゃうわよ~(笑)




2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27 2016-11-15_14h25_27




無料メール相談受付中




私はこれまで、美容部員をしながらも、

様々なメーカーの

美容関連商品を購入してきました。




高いもの安いもの、

効果のあるものないものと

様々な商品を試してきた結果、

美容に関しての知識や

商品の知識には人一倍自信があります。




もし、あなたが美容のことで

お悩みを抱えていたり、

美容関連の商品で

迷っていらっしゃるのであれば、

遠慮なく愛子にご相談くださいね^^




こちらからお気軽にどうぞ♪

↓ ↓ ↓

無料メール相談受付中




お悩みを解消することで、

これまで諦めていた事に挑戦する気持ちを

手に入れることができますよ^^




アンチエイジングは、

女性にとって永遠のテーマです。

一緒に年齢に立ち向かいましょう!




愛子でした^^




スポンサーリンク







※記事内の内容、価格、キャンペーン等はすべて執筆時点のものになります。
現在の情報はリンク先の販売ページにてご確認ください。




サブコンテンツ

愛子のプロフィール

画像の名前

美容・ファッション・お得なことが大好きなアラフォー主婦
斉藤 愛子です^^
元美容部員の知識を生かし、大好きなコスメでアンチエイジングに励んでいます♪
⇒詳しいプロフィールはこちら

Twitter ツイッター

お問い合わせ

このページの先頭へ